2013年07月の記事
高崎まつり大成功を目指すぞー!!

 

今年も来たよ!! 夏の定番『高崎まつり』

 

今回は、毎年夏に2日間行われる山車や花火で大盛り上がりの恒例のお祭り「高崎まつり」のお話だのん!

みーんなにお祭りを楽しんでもらうために、準備を重ね、力を合わせて作り上げてくれる「高崎まつり実施本部」の人たちに、のんのんがお話を聞きました!

「みなさん!今年のお祭りへの抱負を聞かせてのん!」

  

伝統文化実施本部長 (氏子会)吉田 仁一さん

「一基100人〜200人の人たちが力強く担ぐ伝統みこしが今年は28基!最大の見所で高崎の伝統文化でもある「神輿」で、今年も「魅せるまつり」を盛り上げるので最後の最後まで楽しんでいってください!

 

ワッペン部門長(JC)相京 恵さん

「毎年恒例福引きワッペンは今年は40000枚。 1枚100円なのでお得です!主婦が一番欲しいお掃除ロボットなど、女性部門長ならではの女性にやさしい景品が今年の目玉です!出玉はどこに入れるかって?実は私が好きな数字のガラポン中に、、。私の好きな数字は過去の交際相手は知っているので、私の交際相手を探してね♡」

 

花火部門長(青経) 林 司さん

「8月3日(土)に行われる大花火大会。今年から打ち上げ箇所周辺の無料観覧エリアが拡大されます!高崎まつりホームページで詳しい情報を事前に調べてみてくださいね!花火当日は朝8時から場所取りが可能です。お得な場所で花火を楽しみたい方は要チェックですよ!マナーを守って素晴らしい花火を楽しんでください!」

 

こども広場部門長(JC)池田 誠さん

「こどもみこし体験」でハッピを着てみこしを担ぐ初体験や、今年は宇宙をテーマに宇宙探検やターザンロープアトラクションなど盛りだくさんです!小さいお子様達にこれから高崎まつりの歴史をつないでゆくために、まつりは楽しいという思い出をつくってもらうぞー!音楽センター東側広場で待ってます!」

 

広報部門長(TSK) 大野 雅さん

大成功の想いを100%託して、チラシを作成した大野さん。おしゃべりが苦手だけど頑張って広報活動で貢献します!

 

ボランティア部門長(青経) 網藤 人賢さん ・ ボランティアリーダー 大野さん

例年より学生ボランティアが企画の段階から入り、 現場で動くボランティアさんと実施本部との架け橋をおこない、 意見を吸い上げまとめあげます。今回ボランティアは700人以上確保。太田の学校に通う大野さんの友人は、出会いを求めて参加したとか?というのも、7割は女性スタッフ。すてきな出会いがあるかも!? 青年団体の盛り上がり、達成感を味わえる良い機会として、言われた事をやるだけでなく、自分たちでもたのしめることを企画中。本番を乞うご期待!

 

備品部門長(JC)村上 文治さん

なかなか地味な部門ですが、レンタル品の手配、スタッフさんたちのお弁当、業者さんの選定など、祭りをささえる重要な任務をかかえています。今年は40回節目の年なのでがんばります!まつり全体を把握し、みなさんに喜んでもらえる、笑顔になれるまつりを目指します!

 

だるまみこし部門長(水青会)松本 竜明さん

自分を奮い起こすために、今回初めて参加しました! 今年は巨大だるまみこしがイオン高崎初展示されます! それにさわるといいことがあるらしいよ? でも、いじめないでね。 前任たちに恥じないように、と謙虚ながらも熱い想いを語る松本さん。巨大ダルマみこしの巨大看板も予算の問題を熱意でクリアし初めて展示。 11月には巨大みこしが県立女子大に遠征するイベントもあるので、おたのしみに!

 

ワッペンの購入場所、花火の情報、こども広場の会場案内など、その他の詳しい情報は高崎まつりホームページを見てみてね!(www.takasaki-matsuri.jp)

また、その他の実行本部の人たちの活躍もFacebookに載っているので覗いてみると、開催までのみんなの頑張りを知ることができて感動するんだ!「高崎まつり」がもっと楽しめるはずだよ! 一生に一度しかない2013年の高崎まつり。みんなも思いっきり楽しんで素敵な思い出をつくってほしいのん!