たかさきの水が美味しい理由

 

毎日飲んでるお水のルーツ。

「水道記念館」で驚いた!!

 

水は生命の源

僕たちが毎日飲んでいるお水…

蛇口をひねれば 出てくるのが当たり前でしょ、

と思っているお水…。

どうやって、こんなに透明にきれいにしてるんだろう。。

 

と、いうわけで、今回のんのんは、

高崎のお水について知りたくて、

若田町の八幡霊園の隣、若田浄水場の敷地内にある

「水道記念館」に行ってきたのん。

高崎市水道局の施設なんだよ。

 

ここ「水道記念館」は平成3年に開館して、

明治43年に始まった高崎の水道事業の歴史や資料や、

昔使っていた機材などが展示されてるの。

展示物の中には、給水装置の配管図、昔の木造や陶器でできた水道管、

水量計測器や金属探知機などなど沢山の展示物、

そして当時の写真などもあって、 昔はこんな風に

水を供給してくれていたんだな~ってびっくり。

 

記念館の中にはミニシアターもあって、

高崎市の水道の歴史や施設についてのお話、

水道の仕組みを紹介したビデオを上映して くれるよ!

 

 

高崎市の災害対策マップをみてびっくり?

災害などがあった場合に備えて、高崎市内の様々な個所に

耐震型緊急用貯水槽があるって、 みんな知ってた?

のんのんは知らなかった、、のん。。 

 

今回、水道記念館の館長が岩田浄水場ついて お話してくれたのん。

この若田浄水場は、烏川の上流からここ若田浄水場、

そして街へ高低差を使って水をおくる「自然流下方式」を

採用してるんだって。 浄水方法は「緩速ろ過方式」と言って、

ゆっくりした速度でいくつもの砂層のフィルターを通して、

砂層や砂層に繁殖した藻の働きいによってろ過する方法なの。

自然の浄化能力を利用することで、 凝集剤などを使わずに

おいしいお水を作っているんだって。

施設の入口の前には、ろ過の仕組みがよくわかる模型が あるから、

見てみてね!何層にもなったろ過層をゆっくり通って、

お水がきれいになるのが良くわかるんだ!

  

原水に関しては、ここは烏川から取水しているんだけど…

河川の枯渇を防ぐため、そして、安定した水を確保する為に

「水源かん養林」といって森林を植林して、 下刈り、除伐、

間伐をなどで管理しながら、 自然のダムと言われる森林の整備に

取り組んでいるんだって。 これって全国でもめずらしいんだって!

高崎の水つくりは沢山の労力と思いがあつまって、 こうして守られているんだね。

「出来る限り自然の力で良質な水をつくる!」

毎日美味しいお水が飲める有り難さに、 のんのん、

何だか感動しちゃったのん。

 

水質検査にも力を入れていて、年間約1,200件もの検査を

してくれてるんだって。

施設の横には原水のチェックをするための池があって、

鯉や金魚さんが毎日元気か確認しているんだ。

 

色々お話聞いたら、何だか…感激しちゃった!

ボクもお水をもっと大事にしなくちゃいけないって思ったノン。

 

ここは今では小学校の社会科見学の定番にもなっているから、

お子さん達は行った事があるかも知れないね。

大人の人も新しい発見と、感動が味わえる「水道記念館」

是非行ってみて欲しいのん!

 

高崎市水道局 高崎市水道記念館

高崎市若田町309の2(若田浄水場内)

開館時間/午前9時〜午後4時

休館日/土、日、祝日、年末年始

入館無料 電話 027-344-4992