定家神社と常世神社

 

地元の神社のちょっといい話。

 

みんなの家の近所にも神社があって、

子供の頃その境内で遊んだりしてたかな?

今日はそんな小さな頃から親しみのある身近な神社に行ってみたのん。

下佐野町にある「定家神社」。

この地元では「定家さま」と呼ばれているんだ。

 

この「定家神社」は鎌倉時代初期に活躍した当時代表の歌人、

『新古今和歌集』や『新勅撰和歌集』の二つの歌集の撰者をしていた、

藤原定家を祭神としているんだ。

小倉百人一首の選者の人だね。 だから定家さまと呼ばれているんだ〜。

 

この定家神社には社宝があるんだよ!

定家神社縁起1巻・伝藤原定家筆「在原業平歌集」・

宮部義正独詠短冊1枚・源武邨奉納和歌1首。

武邨の和歌1首にはね、

「自分のまごころをもって定家神社にこもり、和歌をつくり神前に奉納します。」

という意味の文と、和歌一首がかかれてあるんだけれど、

定家を崇め敬う気持ちが伝わってくるね。

貴重なこれらは高崎市の指定重要文化財として大切にされているよ。

神社には広―い境大があって、大きな木も多くて、

こんもりとした森みたいになっているよ。

本殿の左側にはブランコやジャングルジムがあって、遊ぶこともできるんだ。

でも、どうしてこの場所に定家さまが祭られているのかな…?

「定家神社由緒略記」によると、新古今集の歌があって、

<駒止めて 袖打ちはらふ かげもなし 佐野の渡りの 雪の夕暮れ>

この歌に詠まれている「紀伊国佐野」をここのことだと思ったみたいなんだって。

でも、実はここ佐野のあたりには、悲しい伝説が残る「佐野の船橋」や、

「鉢の木」のお話で有名な「常世神社」もあるので、

昔の人の想像力と言い伝えで、結びつけられたのかもしれないね。

興味深いのん。

 

定家神社から少し高架道路沿いに行くと、常世神社があるよ。

この常世神社は、“鉢木”というお話に主人公として登場する、

佐野源左衛門の常世の宅跡と伝えられる場所に建っているんだよ。

 

ここでその「鉢の木」のお話を紹介するね。

<謡曲“鉢木”> *謡曲とは、「能」の演劇におけるお話のことだよ。

 

ーーー 昔、領地を一族に奪われた源左衛門という男がいて、

この里で窮迫の生活を送っていたの。

ある大雪の日。旅の僧がやってきて、一晩泊めてくれと頼まれたんだって。

(この旅の僧、実は鎌倉幕府執権北条時頼なのだ!)

源左衛門は、寒い中、暖をとるために火を焚こうとするんだけど、

!!薪がないの…。

なので、大切にしていた盆栽の“鉢木”を焚いて、この僧をもてなしたんだって。

 

源左衛門は僧との話の中で、こんな話しをするんだ。

「今はこんなに落ちぶれているけれど、 自分はれっきとした鎌倉武士で、

いざ鎌倉に事があれば 真っ先に駆けつけるつもりでいる!」って。

 

その僧(時頼)は鎌倉に帰ると、早速諸国の武士たちに鎌倉に集めたの。

もちろん源左衛門もそこに参じたんだ。 すると、

時頼のが源左衛門を前に呼ばれて… 当夜の僧が時頼であったことを知らされるの!!

源左衛門の驚いた姿が目に見えるようだね!!

そして、薪にした松・桜・梅の鉢にちなんで、

源左衛門はこの文字の付く3つの領地をもらったというお話なんだ。

か、感動…。 佐野中学校の校歌のなかにもでてきたのん…。

源左衛門が「常世の宅」としていたところに、 神社をつくって、

お話や文化と共に大切に守ってきたんだなあ、。

 

常世神社を少し北へ行ったところに、「佐野の船橋歌碑」があるよ。

万葉集にも載っているお話だよ。

身近にあるのに知らなかった物語や場所、 歴史の中の貴重な物事など、

興味深いことがあるんだなと思ったのん。

みんなのおうちの近くにある神社にも、 知らなかった伝説が眠っているかもしれないね。