2016年12月の記事
経大生インタビュー♪

 

もうすぐ2016年も終わりだね。一年は早いのん…

今回は、県外から来ている学生さんに高崎での暮らしについて

いろいろと聞いてみたのん。

ご紹介するのは高崎経済大学地域政策学部2年の

蛭田未和(ひるた みわ)さんだよ。


蛭田さんは、東京都江戸川区の出身で、

現在は高崎市内で一人住まいだのん。

高崎経済大学を選んだ理由はね、地元の商店街の再生を

目標に様々な活動をしていた際に、高崎経済大学の素晴らしい

教授の存在を知ってその教授のもとで勉強をしたいと思ったの

と、Cafeあすなろという純喫茶を高崎経済大学の学生が

経営しているということに興味を持ったからなんだって。

大学では地域産業をメインに勉強しているとてもチャーミング

な女子学生さんなんだのん。

 

たかさきについて、のんのんが気になる事、

いくつか質問してみたよ♪


Q.県外から来てみた高崎の印象はどんなかんじ?

蛭田さん「高崎経済大学の存在を知ってからはじめて高崎に

来ましたが、思ったより活気に満ち溢れていて驚きました。

趣味が街歩きなのですが、高崎は趣がある通りが多くて

気に入っています。また高チャリも便利で助かっています。

ただ、車があればもっと行動範囲が広がるかな

洋服等は大体地元で買うか、インターネット通販で購入して

います。高崎には魅力的な洋服を販売している個人店が多い

のですが学生にはちょっと高く感じてしまうので、社会人に

なってからまた高崎の様々な個人店を見て回りたいです。 」


Q.高崎のよいところはどんなところ?

蛭田さん「何といっても人が優しくていい。何事にも熱い人も

多いし、他所から来た人を温かく受け入れてくれます。

人情味もあり、学生も一人前の大人として接してくれるのが

すごくうれしいです。

ほどほどのおせっかいもありがたいですね。」


Q.東京のお友達や家族を連れていきたいところはどこ?

蛭田さん「パワースポットの榛名神社は絶対に連れていきたい

です。夏場は、採れたてのフルーツで作られたアイスバーや

フレッシュジュース等がお手頃価格で楽しめる

フルーツオンザヒルさんに、そして、冬場は温泉に。

それから、お茶するならcafeあすなろ、

がっつり食事するならチンズバーガーマーケットさんです。

ここのハンバーガーが大好きすぎて、

高崎に来て早々に全種類制覇しました(笑)

また、私自身お酒が好きなので

中央銀座商店街の行きつけの居酒屋に行きたいです。

お土産は今井だるまさんのだるまで決まりですね!」

Q.これからの高崎に期待することはどんなこと?

蛭田さん「来年にはOPAが開店して高崎駅周辺が

若い人でにぎやかになりそうで楽しみですね。

また、「音楽のあるまち高崎」と謳っているそうなので、

もっと高崎のまちに日常的に

音楽が溢れるといいな~と思います。毎年盛り上がる高崎まつ

りは、地元のお祭りでは見られない山車や神輿が見られるので

続いていってほしいなと思います。」


うわー!ありがとう!蛭田さんには、これからも学生生活を

楽しんで、高崎をもっともっと好きになってもらい、

たくさんの人に高崎のよいところを伝えてほしいのん。

のんのんも来年も頑張るのん♪♪