北陸新幹線でいらっしゃい〜上田市/真田丸

北陸新幹線が金沢までつながってもう少しで5ケ月。みんなは新幹線に乗って北陸方面に行ったかな?

これからは、北陸新幹線沿線都市の民間交流会議の動きが活発になりそうなんだ!
2015年7月8日に長野県上田で会議があったので、のんのんも新幹線に乗ってぴゅ〜んと行ってみたよ。

2016年のNHK大河ドラマは、信州が生んだ戦国時代の英雄、真田幸村の生涯を描く「真田丸」だよね。

上田がメインの舞台になるらしく、新幹線の駅を降りたら街中でPRしていたのん。


真田・仙石・松平の歴代上田藩主を祀っている 真田神社。

真田神社の大きな「真田赤備え兜」。 うわあ!迫力あるのん!

真田家が築城した上田城は、うわあ、さすがに力強いのん!

これからもっとたくさんの人が上田を訪れるんだね。真田家は群馬とも縁が深いからのんのんも楽しみだのーん。


 

駅近くのホテルで行われた会議では、13の沿線都市の商工会議所と観光協会の代表が北陸新幹線開業の影響とこれからの連携について、すっごく熱心に話し合いしていたのん。

開業はほとんどの都市にプラス効果があって、みんな嬉しそう!
特に金沢は、開業から3ケ月間で駅の観光案内所を利用した人が前年の4倍!
ゴールデンウイーク期間中は、兼六園などの観光地の人出は前年の約2倍だって。すご〜い!!

1,000人規模以上のコンベンション施設もすごく増えているんだって。

富山県内でもさまざまなイベントで来場者が激増して、宇奈月温泉は宿泊者が約70%も増えたらしいよ。

黒部市では、ファスナーやサッシで有名な会社のYKKが本社機能の一部を移転してくるんだって。

観光客だけでなく、ビジネスの誘致も積極的!一層活気あふれる地域になるのん!

長野では北陸新幹線開業後の4月5日から5月31日まで善光寺の御開帳が開催されたけれど、ここでも新幹線効果で、期間中の参拝者は前回を上回る707万人だったんだって。

特に北陸や新潟からの人が大幅に増えて、そのうち3割前後が新幹線を利用したんだって!軽井沢でもプリンスショッピングプラザの増床もあって、すごく賑わっているみたい!

北陸と首都圏の中間地点の軽井沢で同窓会などをする団体もあって、今まで、北陸と長野は新幹線がつながっていなくて相互交流がほとんどなかったらしいから、これでお友達にも会いやすくなったね!

高崎では、新幹線効果を確認できる具体的な数字はないけど、石川や富山の旅行会社や新聞社、雑誌社などからの問い合わせや取材が多くなったんだ!

高崎えびす講で沿線都市合同のイベントを企画するみたいだから、楽しみだのん!

会議後の交流会ではそれぞれのお国自慢のお酒や食べ物が用意されて、すっごく和やかな雰囲気だったんだ。

「これからこんなことが一緒に出来たらいいですね。」などという会話も聞こえてきたよ。

沿線都市の交流がどんどん盛んになって、いつか「かがやき」が高崎に停まればいいな。

ワクワくするの〜ん!

(上毛新聞タカタイ 2015年8月14日掲載内容に加筆修正)