のどかだけど、多彩なアトラクション!「箕郷ふれあい公園」

青く晴れたお空に、緑の鮮やかな色合いがとっても綺麗な景色に見とれて、今日もお空を飛んでいたら、箕郷町に楽しそうな公園を見つけたのん。

榛名白川沿いに細長く広がる箕郷地区の総合公園ふれあい公園だのん。

中央には14,000平方メートルの芝生の広場はがあり、夏には花火大会もあるふるさと夏祭り、みのわの里のきつねの嫁入りなどのイベントが行なわれるなど、たくさんの人たちに活用されている大きな公園だよ。

木製遊具やすべり台、ジャングルジムや不思議なドームの遊具などがあったり、ぶら下がりやストレッチなどもできそうな健康遊具もあったりして、小さなお子さんから、小学生、親御さんも一緒に楽しめちゃうような楽しそうな設備がたくさん。



公園の高低差を生かして滝や池など水の流れで遊べるところもあって、夏には気持ちよさそう!

隣接する箕郷プールは幼児プールやスライダーなどもあって、1年中遊んで憩える素敵な場所なんだ。

中でものんのんが大好きなのは、公園の南端にある恐竜すべり台!

大きな骨のアーチをくぐると目の前に巨大な恐竜さんがどーんとそびえ立っているよ!

お尻の部分がローラーすべり台になっていて、「うわー!」っとのんのんも見上げちゃった。

西に流れる榛名白川は榛名山を水源とする利根川水系の一級河川。
下って烏川に合流するのん。のどかな川の流れを聴きなから、青いお空の下、山々の木々の風景に包まれて遊んだり、お散歩したり、のーんびり過ごすにはとってもおすすめだのん。

このふれあい公園の近くには、わかさぎ釣りが鳴沢湖があったり、以前ここでも紹介した重要文化材の旧下田邸書院及び庭園があるよ。

公演の北には、昨年末、郭馬出西虎口門(かくうまだしにしこぐちもん)の復元工事が完成した箕輪城跡もあるから見所たくさんだのん。

(上毛新聞タカタイ 2017年11月24日掲載内容に加筆修正)