右も左もひまわりだー!「ひまわり迷路」

みなさんこんにちは!
今日は、日差しいっぱいの夏の日に行われる、みんなに是非味わってもらいたい感動とワクワクのイベントを紹介しちゃうのん!

高崎市井出町にある「かみつけの里博物館」。この博物館のある「はにわの里公園」は、広さ12.9ヘクタールもある歴史公園。他にも土屋文明記念文学館や、国指定史跡の保渡田古墳群など夏の学びのお出かけには最適な開放的な場所だよ。

その中の八幡塚古墳は、1500年前の前方後円墳を発掘調査所見に基づいて再現されていて、古墳の上に登ったり、後円部には王の棺(舟形石棺)の見学ができるドーム施設があるんだ!

上に登ると田園風景が広がっていい眺め!そして今日紹介する場所が見えるんだよ!

八幡塚古墳の西側。道路を挟んだところに広がる緑のカーテン。実は8月になるとそこに、見事なひまわりの花で覆われた迷路が出現するんだのん! その花の数約2万本だって!うわあー!

「ひまわり迷路」

この迷路は2001年から始まったよ!
今は地域の夏の風物詩として毎年みんなが楽しみにしているんだ。
遠方から足を運んでくれるリピーターさんもいるんだって!

実行委員長の市村さんにお話を聞いてみたのん!
ひまわりはお盆の時期に見頃になるように、6月下旬から種まきをはじめるんだって。そして、安心して遊ぶことができるように、除草剤や農薬などを一切使用せず、除草作業や手入れをしてくれているの。みんな地元の皆さんや子供達が全て手作りで作り上げてくれるんだ!

迷路の図案は地元の上郊(かみさと)小学校の生徒さんが考えてくれた中から選んで決定されたものなんだって!
今年はどんな迷路になるんだろう?ワクワクするのん。
そして入場は無料なんだよ!
迷路を作ってくれるみなさん、どうもありがとうー!

2018年のオープンは8月11日の山の日。午前9:00から行われる開村式では、来場された皆さんが怪我や事故なく、楽しく過ごせるようご祈祷を行うんだ。

そして8月18日には11:00から開村祭りが行われて、翌19日の「はにわの里夏祭り」では大抽選会や大花火大会も開催されるのん!この2日間は模擬店も出てとっても賑わうんだって。
うわー!楽しみ〜

きっと素敵な夏の思い出になること間違いなし!だのん!
迷わず出口にたどり着ける事ができるかな?みんなも是非チャレンジしてみてね!

ひまわり迷路実行委員会
090-6042-1478

(上毛新聞タカタイ 2017年7月28日掲載内容に加筆修正2018.08.09)