〈願い〉は、みんな違ってみんないい「松之沢の百観音」

今回のんのんは久しぶりに榛名湖に行こうかな~!って思ってお空を飛んでいたら、箕郷町で興味深い看板を見つけたのん!

「松之沢百観音入口」

『観音!?』 ボクも白衣観音の妖精だのん。これは紹介しなくちゃ!

場所はみさと芝桜公園の近く。
県道28号高崎東吾妻線を榛名方面へ群馬県立農林大学校を過ぎて、1kmちょっと進むと、左側に看板があったのん。

看板の案内通りに細い坂道を進んで行くと、木々に囲まれた小高い丘に出たのん。
『あっ!ここだ。』

入口の正面には六地蔵が並んでいて、中央には立派な宝篋印塔(ほうきょういんとう)がまつられているのん。

奥にはたくさんの観音立像ずらーっと並んでる!
うわあ、何体いるんだろう!?

ここは箕郷町指定の民俗文化財なんだよ。

「松之沢の百観音」
箕郷町内に残るこの近世の代表的な石仏群は、長さ30メートル奥行10メートルの範囲内に、十一面観音・千手観音・聖観音・如意輪観音など、合計133体の観音像が並んでいるんだって。

造立の年代ははっきりしないようだけれど、一部には江戸時代後半の安永・寛政・享和の年号が認められるものもあるんだって。

案内板によると、この高台は水沢観音や白岩観音へ通じる巡礼道沿いに位置していて、坂東秩父西国の札所を集めた「写し巡礼」としての百観音信仰を育むにふさわしい場所だったようなんだ。

写し巡礼とは、容易に行くことのできない遠くの巡礼地を身近な場所に模して作って、巡礼の機会を増やそうといった目的のもの。

今みたいに車や電車なんてなかった時代、信仰の深い人たちはありがたかったんだろうなあ。

塔には高遠石工の名も残っていて(高遠石工とは、江戸時代に全国的に知られた信州の優れた技術を持つ石工さんたちのこと。)この観音像たちはきっと人々の大きな思いをこめてつくられたんだね。

高崎にこれだけの石仏像群があったなんてのんのんも知らなかったのん。

素晴らしい景観の中、観音像のお顔を見ながら一体一体に手を合わせていたら時の経つのを忘れてしまったのん。

暑さを逃れ巡った道中で、すーっと穏やかな気分になれた出会いでした。

みんなもいつか、そっと訪ねてみてね。

(上毛新聞タカタイ 2016年7月15日掲載内容に加筆修正)

大パノラマの中を滑降だー!「倉渕せせらぎ公園」

みなさん、こんにちは!

高崎市は平成18年から21年の平成の大合併でグーンと細長いエリアに拡大され、
賑わう商業の街や、自然あふれる風光明媚な地域まで、とっても多彩な魅力を持っているよね。

そんな高崎市がのんのんは大好きなんだ!
お空を飛ぶのもワックワク!

今日は北西に位置する倉渕町にある素敵な公園をご紹介するのん!

「倉渕せせらぎ公園」だのん!

高崎市街から草津方面に向かう草津街道(国道406号線)を烏川に沿ってどんどん北西方面に進んで行ったよ。
左に見える川の流れが日差しにキラキラ綺麗で、深い緑と影のコントラストがとっても清々しい!

以前にこの地域にある「くらぶち小栗の里」を過ぎて、少し細い道を登ると「倉渕せせらぎ公園」だ!

入り口のある北面の駐車場方面から公園をみると、
あれ?あまり高い遊具は見られないけど、、うわ!
ここは公園の上側の位置だったんだ!

展望塔に登ると、敷地の斜面を利用して眼下に田園風景が広がり、その向こうは相馬川を挟んで生い茂る緑の山並みが青いお空に映えて、開放感が抜群なんだ!

そしてこの高低差を利用して作られているのがローラースライダーだのん!

このローラースライダーはなんと長さが県内一!専用のボードに乗ってビューンと滑り降りるんだ!楽しいのん!

その他にも大小のスライダーや丸太ネット登り、ロープを使った遊具、トンネルやクライミングを楽しめるものなど、
眺めのいい最高の空間でのアトラクションがたくさん!
大人も子供も一緒に楽しめる、自然に包まれたとっても素敵な公園なんだよ。


お天気の良い日はきっと最高の気持ちよさ!
ぜひ家族みんなで遊びに行ってみて欲しいのん。

せせらぎ公園の入り口にちょっと気になる看板があったんだ。

この場所の250mほど先に「泉ケ渕」というところがあって、昔「おせん」という美しい娘が相馬川に身を投げた秘話がこの地に伝えられて、その伝説からこの渕を「泉ケ渕」と呼ぶようになったんだって。

今でも夕暮れになると「ギーバッタン、ギーバッタン」とおせんが機(機)を織る音が聞こえてくるとか…。

せせらぎと緑深い景観がとても綺麗な場所だけど、日が落ちると暗くて危険だから、こんなちょっと怖い言い伝えも広がったのかもしれないね。

魅力的な倉渕の町をもっと探索してみたくなったのん!

(上毛新聞タカタイ 2018年6月29日掲載内容に加筆修正)

カイコさんたちの偉業!だのん「日本絹の里」

今回は、金古町にある「日本絹の里」を紹介するのん。

上毛かるたで「繭と生糸は日本一」と謳われているように、みんなも群馬が古くから有名な絹の里だと言うこと、知ってるとおもうけれど、最近は、遠方から富岡製糸場とセットで見学に来る人も増えているそうだよ。

これからも、きっと国内だけでなく海外からもたくさんの人が来るんだろうなぁ。楽しみ!

ここ「日本絹の里」では、絹や養蚕の歴史がとーってもわかりやすく説明されているし、実際に養蚕で使った道具なども展示されているんだ。

本物の生きたカイコも見れて、家族で来ても楽しめるように、絹の染織体験もできるんだよ。

そして、群馬県は桐生や伊勢崎など絹織物の有名な産地でもあるから、その作品がいっぱい展示されているよ。

映像で群馬県の蚕糸業を紹介する部屋もあるんだよ。

ここに来れば、本当に日本の絹のことが何でもわかっちゃうね!

富岡製糸場と絹産業遺産群が世界文化遺産に登録されたのは、「高品質生糸の大量生産をめぐる日本と世界の相互交流」と「世界の絹産業の発展に重要な役割を果たした技術革新の主要舞台」として世界の産業史における貢献を高く評価されたかららしいよ。

今まで、群馬は地味なイメージだったけど、実は、養蚕・製糸技術を通して日本の近代化を実現した素晴らしいところなんだね!

これからは、もっともっと自信を持って、いろんなことを発信していけば、うれしいチャンスが訪れそうだのん。

開館時間 9:30~17:00
休館日  毎週火曜日(祝日の場合は翌日)
臨時休館(各企画展前3日間)
年末年始12月27日~1月5日
観覧料  一般200円、大学生・高校生100円、中学生以下及び身体障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名様無料
企画展開催時は特別料金、20名以上の団体割引あり

(上毛新聞タカタイ 2014年5月30日掲載内容に加筆修正)

高崎市のシンボルは?「高崎市庁舎」と…?

突然ですが、クエスチョン!

みんなは、高崎の「市の木」、「市の花」、「市の鳥」を知っていますか?

あれ?知らないの?

え?…ごめん、実はのんのんも知らなかったのん。

日本のいろいろな「市」にはそれぞれ、市花・市木・市鳥が制定されているけれど、どれもみな、地域の幸せを願うことから、シンボルとして親しまれ、人と自然を結びつける役目をしてくれているね。

高崎市の市花・市木・市鳥は、市政85周年を記念して決まったんだ!
(昭和60年7月26日制定)。

これは、各種団体の代表者や、学識経験者の人たちによって選出された、市の木、花、鳥選考委員会をつくって、日本の種で高崎市内に見られるものから選出されたんだって。

木と花については、複数制定することも考慮するという基準で、候補にあがった木、花、鳥を公開して、市民の投票によって決められたんだ。

応募総数2,000通ほどあつまって、その中から次の木、花、鳥が選ばれたのん。

• 市の木:ケヤキ(270通) カシ(101通)
• 市の花:サクラ(570通) ハクモクレン(370通)
• 市の鳥:ウグイス(836通)

ケヤキは高崎市緑化条例によって保存木として指定された大木のうち、40%を占める落葉樹だよ。
たくさんあるんだね!
カシは、屋敷林(防風林)として大八木地区など農村部に残る常緑樹で、こんもり、どっしりと落ち着いたたたずまいを見せる木だよね。

サクラは、観音山や城址公園で代表されるように、みーんなに愛される美しい花。

ハクモクレンは、高崎公園内に樹齢およそ365年以上という古木があるほかに、環状線にも街路樹として600本が植えられているんだって。群馬県指定の天然記念物として大切にされているんだ。

ウグイスは、春先になるとヤブや川筋、庭先などで比較的よく見られる身近な鳥。
「ホーホケキョ」という鳴き声がみんなになじみ深いこともあって、応募数の半数近くを占めたんだって。

お空を飛んでいると、市の木や市の花をはじめとして、高崎にはいろんなところで豊かな自然がみんなを見守ってくれているよ。
四季の美しさやを感じさせてくれたり、ほっと安らぎをくれる高崎の自然を、これからもみんなで大切に守ってゆこうね!

(上毛新聞タカタイ 2015年11月13日掲載内容に加筆修正)

北陸新幹線でいらっしゃい〜金沢/高崎屋

北陸新幹線でいらっしゃい〜金沢/高崎屋

今回は、気持ちいい春風に乗って高崎を飛び出したのん♪
いま日本で一番ホットな街を紹介するね。
北陸新幹線が開通して、テレビや雑誌などで特集されていている加賀百万石で有名な「金沢」だよ。

みんなは、高崎市と金沢市が2008年に友好交流都市協定を結んだことを知ってる?
最近では、北陸新幹線沿線都市民間交流会議(会長 高崎商工会議所原会頭)が発足して、
新幹線沿線の13の都市の商工会議所と観光協会が協力して、
イベントやキャンペーンなどが行われてるらしいんだ。
つまり高崎と金沢はとーっても仲がいい街ということだね。

先月4月21日〜23日まで金沢市石川県産業展示館で行われた
「FOODEXいしかわ」という食のイベントでは、
高崎観光協会は高崎をPRするために参加したんだのん。
のんのんもちょっとだけお手伝いしたよ!

そこでは、高崎の縁起だるまが当たるおみくじが大人気!
焼きまんじゅうと高崎うめ~豚うどんも好評!
こんど高崎に観光で行きま〜す!というファミリーにも会ったよ。うれしいのん!

金沢は観光で有名だけど、おいしい食べ物もたーくさんあるんだ。
のんのんは、街の中で、すっごく興味深い店を見つけたよ。
その名も「味処 高崎」(香林坊下 武家屋敷入口)という店。
なんかとっても親近感がわいたのーん。

お話を聞いてみると、オーナーさんの苗字が「高崎」なんだって!


そこで、旬の食材を使った加賀料理を食べたんだけど、
どれもおいしくて感激!
この店、創業当時は洋食屋さんということで、おすすめの一品はなんと「かにクリームコロッケ」。
これが絶品なんだ!金沢郷土料理の治部煮と一緒に、みんなにも食べてほしいのん。

お店の人もとても優しくて、楽しい時間を過ごせるよ!

JR金沢駅前に行ってみると、今度は「高崎屋」というお店も発見!

お寿司など魚料理がメインのお店なんだけど、
実は「味処 高崎」と「高崎屋」は経営者が親戚関係なんだって。
どちらのお店も今ではのんのんみたいに店名に興味をもった高崎からのお客さんがたくさん来て、
「高崎市民御用達の店」になっているみたい!みんなも行ってみてね!

よ〜し、これからは、高崎と関係がありそうなほかの街にもぷわーっと行ってみようかな。
また素敵な場所を発見したら紹介するね。おたのしみに〜!

味処 高崎  金沢市長町1-2-22  TEL076-231-02 2 7
高崎屋    金沢市本町2-19-20 TEL076-231-36 9 0

(上毛新聞タカタイ 2015年5月29日掲載内容に加筆修正)

2000年前の集落を想像してみて!「日高遺跡」

春の香りが気持ちいいので、今日は両毛線沿いを高崎の市境までピューンと行ってみたのん!
そうしたら、関越自動車道に沿った日高町と中尾町にまたがったあたりで気になるものを見つけたんだ!

「史跡日高遺跡」って書いてある。

高崎にはたくさんの遺跡があるけど、ここは、弥生人がどのような生活を営んでいたかがわかる貴重な遺跡なんだって!
国指定の文化財として大切にされているのん。

日高遺跡が日本で有名な弥生遺跡として脚光をあびるようになったのは、1977年におこなわれた関越自動車道の建設に先立ち発掘調査をした時に、弥生時代後期(2~3世紀頃)の水田やお墓の跡などが発見されたからなんだ。

浅間山の爆発によって降り積もった軽石層に覆われていたので、良い状態で保存されていたんだって!

今から2000年近く前にここではどんな暮らしがあったのかな!?

弥生時代の農業は、水田農業が中心だったと考えられていて、ここ日高遺跡の水田は、榛名山麓から流れる井野川と、染谷川にはさまれた地帯で、
谷の自然条件を巧みに応用していたんだって!

弥生人の知恵ってすごい!
この水田跡から、弥生人の足跡もみつかったんだ!。
現代人と似通った体型をしていたみたいだよ!

そして「環壕集落」という、環壕(かんごう)と呼ばれる堀にぐるっと囲まれた集落が確認されているの。

直径が110〜120mの楕円形で周囲をV字型の環濠が掘られていて、断面は深さが約1.2メートル・幅が2.0~2.5メートルのとっても急な斜面のつくり。

内側には土塁(堤防状の壁)めぐっていて、防御に適した構造だ!
その環壕に囲まれた内側が居住域。竪穴建物跡も発見されたよ!
外敵などからもしっかりと人々を守っていたんだね!

さらに環壕集落の東には、円形周溝墓も確認されてるんだ。
このお墓は、群馬・長野県地域に特徴的な木棺の底に小石が敷き詰められたつくりで、埋葬施設を取り囲む溝からは、土器を使った赤ちゃん用の棺も見つかっているんだって。

その他にも出土されたものがたーくさん。
弥生式土器や農具、生活用具などの木製品や石器、また、動植物の遺体や、首飾りなど。弓などもあって、狩りもしていたのかな?
うわあ、弥生人さんたちが身近に感じるのん!

このように生産の地域、集落の地域、お墓の地域という、当時の一地域の姿をそのまま残したとーっても稀な遺跡なんだのん!

公園として整備が進んでいて今年度中に一部開園予定!

芝生の広場や水田エリアで稲作体験もできるようになるみたい!
楽しみだのーん!

参考 群馬県の歴史シリーズ2 図説・高崎の歴史 石原征明著

(上毛新聞タカタイ 2015年5月15日掲載内容に加筆修正)

一度は行ってみたいバードウオッチング!「観音山バードハウス」

こんにちは!今日は観音様のおひざ元、僕の故郷にある野鳥の森を紹介するのん。

緑が豊かな観音山には、四季を通じて90種類以上の野鳥が生息しているんだよ。その鳥たちを間近に観察できるのが、観音山野鳥の森のバードハウス!
全国初の野鳥観察施設として建設されたんだって。

このバードハウスでは、屋内から野鳥を見ることができたり、野鳥の資料や図鑑などもそろっていて、だれでも利用できるんだのん。

土・日祝日の10時~15時まで開館していて、冬の間は鳥たちに餌をあげているので、たくさんの鳥が集まるんだ。
この小屋からも鳥たちの食事のシーンをじーっくり観察できるんだよ。

僕がいた1時間くらいの間にも、
シジュウカラ・ヤマガラ・メジロ・クロジ・アオジ・シメ・カワラヒワ・ウグイス・エナガ・ヒヨドリ・ガビチョウの11種類の野鳥に会えたのん。
メジロやシジュウカラはそばに来て楽しくお話できたんだ!めったに来ないけどハイタカも見られるかもしれないのん!

バードハウスで野鳥を観察した後は、野鳥の森へ探鳥に行ってみよう!

自然がそのまま残されている山の中へと進んで耳を澄ますと、小鳥たちの声がたくさん聞こえてくるんだ。
声の方へ視線を移してみると自然の中で暮らすいろいろな野鳥が見つけられるよ。

森の中で心を静かにして野鳥のさえずりを聴いていると、日頃の疲れも癒されるの〜ん!
近くにこんな素敵な場所があったなんて、感動しちゃうのん!


バードウオッチングをしたことがないという人には、
お勧めコースもあるんだよ!
月1回の特別プラン!毎月第一日曜日午前6時(冬場は7時)に観音山市営駐車場に行けば、探鳥会の皆さんが一緒に野鳥の森を回ってくれるんだって!(参加費保険料は100円だよ)
鳥さんのことをいろいろと教えてもらいながら、楽しく3時間くらいをかけて観音山を探鳥できるんだ!
探鳥会のみなさん朝早くからありがとう!
みんなも早起きして行ってみよう!

そして春になると、森の中には野鳥だけでなく、蝶々が登場するのん!『ゼフィルス』という蝶々の一群の中の5種類が、観音山には生息しているんだって!とーっても綺麗な蝶々なんだ!

よーし、春になったらまた森に行って、全種類を見つけて写真に撮ってみよーっと!

みんなも探してみてね!

日本野鳥の会群馬 事務局
027-325-5211

(上毛新聞タカタイ 2014年3月14日掲載内容に加筆修正)