お茶をたしなみ、また歩く。「茶屋本陣」

今回は、上豊岡町の茶屋本陣を紹介するのん。

この茶屋本陣は、高崎宿と板鼻宿の間にあって、江戸時代に参勤交代などで中山道を通行する大名や公家、上級武士などが休息したところなんだ。

宿場にある本陣とは違って、宿泊はできないのだけれど、休憩や昼食、または他の大名行列が関所にかかっている間の待ち時間に利用したらしいのん。

8世紀半ばに建てられて、19世紀初めに増改築したそうで、築250年以上!。

昭和37年に群馬県の指定史跡になり、しばらくは個人の所有だったんだけど、今は高崎市が管理し一般公開しているんだ。

のんのんは初めてここに来たんだけど、こんなところが高崎にあったのかと感動しちゃったのん!。

所有していた人の手入れが見事に行き届いているんだ。

近くには一里塚があるし、高崎だるまの製造工房もたくさんあって、素晴らしい観光スポットだのん。

クラブツーリズムの中山道を旅するツアーとか、上州中山道活性化実行委員会(事務局 市観光課)の上州中山道全七宿めぐりで、多くの人が立ち寄ってくれることもあるようだけど、普段の来場者はちょっとイマイチ…。
どこかで調べて遠方から訪れた人達が、こんなに素敵な場所なのに案内板が無くて迷ったから、もっと宣伝し分かりやすくした方がよいと意見をくれる程なんだって。う〜ん、もったいない!。

文久元(1861)年に孝明天皇の妹の和宮が江戸幕府14代将軍の徳川家茂に嫁ぐ際に、先駆けの公家が立ち寄ったという記録もあるんだ。

お座敷は、「上段の間」と「次の間」の8畳2室からなっていて、ここで、最近100名ほどのお茶会が開かれたこともあるらしいよ。


静かな座敷に座って、大名気分でゆ〜ったりした時間をすごして、館内にある投句箱に一句!なんていかが?。

のんのんは、この周辺が高崎の観光名所として、もっともっと多くの人が訪れる場所になってほしいなーって思ってるのん!!

みんなも是非行ってみてね。

高崎市上豊岡町133-12 http://navigunma.com/027-325-6999/  TEL 027-325-6999
開館 AM9:30~PM4:30(入館はPM 4:00まで)
毎週月・火曜休館(祝日にあたる場合は変更する場合があります)祝日の翌日、年末年始(12/28~1/4)
入館料 無料
無料駐車場完備(普通車6台程度)、大型バス等の場合は要連絡
JR信越本線 群馬八幡駅下車 徒歩25分
ぐるりん JR高崎駅より少林山線上豊岡下車 徒歩1分
群馬バス 高崎駅から安中市役所行き 湯沢入口下車 徒歩2分

(上毛新聞タカタイ 2014年1月31日掲載内容に加筆修正)